健康

電子処方箋について把握しよう。厚生労働省のホームページを参考に。

電子処方箋の運用が開始される旨の発表が、厚生労働省からありました。

今回は厚生労働省のホームページをもとに、まとめていきます。

 

電子処方箋 概要案内

令和5年1月を開始予定としているとのこと。

おそらく、延期すると思います。笑

 

電子処方箋とは

電子処方箋とは、電子的に処方箋の運用を行う仕組みであるほか、複数の医療機関や薬局で直近に処方・調剤された情報の閲覧、それらを活用した重複投薬チェックなどを行えるようになります。

 

薬局でできるようになること

薬局薬剤師としては、ここが一番気になるところです。

処方箋の内容の入力作業や、紙処方箋の保管が不要になることのほか、より丁寧な患者対応 への注力や、医療機関・薬局間のコミュニケーションを円滑に行えるようになります。

入力作業の簡略化

調剤事務さんの基本業務である処方入力の作業。

この作業が簡略化されるのは、とてもありがたいです。これからはおそらくピッキング業務に携わる機会がどんどん増えていくことでしょう。

アメリカやイギリスなどで導入されているテクニシャン制度が持ち込まれる日も近いでしょう。

医療機関・薬局間のコミュニケーションの円滑化

ここに関しては、嫌な予感しかしません。

おそらく、今まで以上に情報提供しなさいとか、加算を取っていきなさいとか、

そういったことを言ってくるに違いありません。

薬局での業務が増えると思います…円滑化とは…?

 

利用開始に向けたスケジュール

電子処方箋は、令和5年1月より運用が開始されます。

令和4年度から対応が必要な準備作業の内容や、作業スケジュールについては今後、順次医療機関等ポータルサイト等にてご案内していく予定です。

なお、利用にあたり、オンライン資格確認を導入している必要があるため、まだ導入していない場合は、お早めに準備をお願いします。(※)

 

令和5年1月から運用開始

おそらく延期します。

とはいえ、現場の人間としては延期する前提で物事を判断するのはいかがなものかと思うので、令和5年を迎えるまでにしっかりと準備をしていく必要があるでしょう。

具体的にできることは、あんまりないですけど…

Q & A

Q) 「オンライン資格確認等システムを拡張」とありますが、何が変わるのですか?

A) オンライン資格確認等システムの仕組みを用いて、医療機関・薬局間で電子化された処方箋の授受を行えるようになります。

Q) 患者はマイナンバーカードがないと、電子処方箋を発行しても らえないですか?

A)患者が健康保険証を利用する場合も電子処方箋を発行できるよう、マイナンバーカードと健康保険証とで電子処方箋の利便性が異なる点等を考慮しながら構築予定です。

マイナンバーカードについてはこちらへ。

マイナンバーカードは病院薬局でも使える!?メリットなどについてまとめてみた。

マイナポイントについてはこちらへ。

マイナポータルって何??マイナンバーカードあるなら、活用しよう!!

Q) 電子処方箋は必ず導入しなければいけませんか?

A)電子処方箋を利用することにより、ペーパーレス化の促進や複数の医療機関・薬局が持つデータの利活用による、より質の高い医療の提供が図られるため、導入の検討をお願いします。

 

Q) オンライン資格確認と同様に補助金はありますか?

A) 補助に関しては現在検討中となります。

 

Q) 電子処方箋を始めるには、まず何をすればよいですか?

A) 利用にあたり、オンライン資格確認を導入している必要があるため、 導入していない方は、お早めに準備をお願いします。

『オンライン資格確認の導入に向けた準備作業手引き』

その他の具体的な手続き等については順次、

医療機関等向けポータルサイトに掲載を予定しています。

 

まだ医療機関等向けポータルサイトに登録していない場合は、

「初めてご利用になる方(アカウント登録)」より登録をお願いします。

 

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ
にほんブログ村

RELATED POST
コロナウイルス

【要確認】理解しよう!!「ワクチン・検査パッケージ」制度について

2022-01-20
薬剤師てぃんの勉強ブログ
現在、全国で行われているワクチン・検査パッケージ制度について、千葉県のホームページからまとめます。 薬局などで行われている無料検査は、 …